ヒートショックにならない住まい

理想の住まいとセキュリティ ヒートショックという言葉を知っている人もいるとおもいます。これは急激な温度変化が体に及ぼす影響になり、暖かいところから急に寒いところへ行くとヒートショックになりやすいです。温度の変化によって、血管が縮まり血管内に急な圧力がかかるので、心臓や脳などにダメージを与えてしまいます。病気を持っている人ならばなおさら気をつけないといけない現象になっています。冬になると亡くなる方が多くなったりするのも、ヒートショックという状態で、救急で運ばれる人が増えるからです。

体が冷えると免疫力下がるので、病気になりやすいといえます。風邪のとき、家を暖めて、体が冷えないようにすることが必要となり、常に温度管理をしていくことが住まいを快適にする要因となります。住宅の温度は、今では断熱材を利用することで暖かい空間にすることが実現しています。ストーブだけではなく温熱ヒーターなどによって住宅全体を暖めることができるという面でも、温かい住まいを作っているといえます。そのために、ヒートショック対策ができるので、多くの高齢者が住まいを考えることは暖房設備にあるということがわかります。暖かい空間で暮らすことができると、病気にもなりにくいです。

お役立ちサイト

Copyright (C)2019理想の住まいとセキュリティ.All rights reserved.