中古の住まいを売却するときにリフォームするか

理想の住まいとセキュリティ 中古のマンションを購入するときリフォーム済みの場合があります。外から見るとあまりきれいな建物でなくても内装、水回りなどは新築と変わりないように変更されています。それを見てそれなりの価格で購入することもあります。ではこのリフォームは誰が行ったかです。売り主が退去のときに費用を負担して行ったのかどうか気になるかもしれません。

中古の住まいを売却するときにリフォームをしたほうがいいかそのままの方がいいか気になる場合があります。リフォームをすれば新築のように見えて高くは売れます。でも価格にリフォーム費用を反映できるかとなると話は変わります。最近は古い物件を安く購入して自分でリフォームしたい人がいます。その人たちにリフォーム前の状態で売却したほうが割がよいことがあります。

リフォーム済みの物件はたいていは不動産会社が所有している物件です。前の所有者が直接購入者に売却できなかったためにやむなく不動産に売却をしたのでしょう。不動産会社は系列の建設会社などがあるので安くリフォームをすることができます。購入費用にリフォーム代をかけても利益が出るくらいで売却ができます。一般の人の場合はリフォームをせずにそのままの状態で売却したほうがいいでしょう。

Copyright (C)2019理想の住まいとセキュリティ.All rights reserved.